Newsroom > > COMPUTEX 2005 に垣間見る TYAN の提供するサーバーとワークステーションデザインの未来

TYAN Press Release

COMPUTEX 2005 に垣間見る TYAN の提供するサーバーとワークステーションデザインの未来

TYAN 製品から Intel と AMD ベースのプラットフォームとシステムを出展


台湾、台北、2005年5月31日 - サーバーとワークステーションのシステムとソリューションの世界的先駆者、 TYAN® が今年中に発表予定の最新プラットフォームとベアボーンシステム製品を Computex 2005 に出展します。 Computex 2005 のイベントは5月31日から6月4日まで台北にて開催されます。

出展される製品には、シングルプロセッサから8-way プロセッサまで、サーバーやワークステーションボード、 パワーもパフォーマンスも兼ね備えたあらゆるアプリケーションにも幅広くフィットする全ての TYAN 製品が含まれます。 これらの製品には 32-bit や 64-bit アーキテクチャ、そしてアンチウィルス機能をそなえる Intel または AMD の技術が搭載され、エントリーレベル、ミッドレンジ、エンタープライズレベルのマーケットセグメントに対応するIntel、nVIDIA もしくは VIA のコアロジックにより統合されています。 さらに付け加え、これらのプラットフォームやシステムには、PCI-X や PCI Express テクノロジ、オンボードギガビットネットワーク、シリアル ATA や RAID 対応シリアル ATA-II 3G、内臓ビデオ出力、フルセットのパワーマネージメントとリモートマネージメントのオプションなどの豊富なコンポーネントを搭載しています。

またお客様により詳しくご紹介できるよう、TYAN のプレビルドサーバーベアボーンシステムの Transport 製品シリーズも出展します。 TYAN の Transport システムは Intel もしくは AMD の 64-bit テクノロジと共にバラエティに富んだいろいろな種類のコアロジックを使用しています。 そして、SCSI またはシリアル ATA に対応したホットスワップ可能なドライブベイ、CD-ROM や FD 用のスリムドライブベイ、アクティブシステムモニタとコントローラ、IT インフラ構築に必要な利便性を重視したアクセサリ類一式など、Transport システムはサーバーに必要な多数の特徴や機能、オプションを備えています。

"Intel と AMD、両者のプロセッサアーキテクチャの力を借りることにより、TYAN はより広いレンジのお客様のアプリケーションにご使用いただける、 豊富な種類のプラットフォームとシステムソリューションを提供することができました。 今年の Computex 2005 イベントにおいて TYAN は、革新的なテクノロジによりお客様にそれぞれの分野で最高の技術リーダーになっていただけるような、 エキサイティングな新製品をご紹介したいと思います。" (Danny Hsu, Vice-President of Sales and Marketing at Tyan Computer Corp.)

さらに詳しい TYAN に関する情報は http://www.tyan.co.jp をご覧ください。
Computex 2005 に関しては http://www.computex.biz/computex2005/ をご覧ください。

Go To Top