Newsroom > > COMPUTEX 2005 にて TYAN が最新のTRANSPORT ベアボーンシリーズを公開

TYAN Press Release

COMPUTEX 2005 にて TYAN が最新のTRANSPORT ベアボーンシリーズを公開

Transport GT20/GT24 が提供する利便性と簡易性


 

台湾、台北、2005年5月31日 - システムの構築には長い時間と多大な労力が必要です。 また構築するシステムが複雑になればなるほどその手間も積算的に増えていきます。 このセットアップに必要な膨大な時間や労力を軽減し、 さらに設備全体の互換性と動作を保証するべく、 TYAN は Transport 製品シリーズに新たに2つのベアボーンサーバーモデル、 Transport GT20 と Transport GT24 を追加し Computex 2005 に出展します。

Intel® Xeon™、Pentium® 4、または AMD Opteron™ プロセッサのテクノロジ アーキテクチャを使用し、 Transport GT20/GT24 はいかなる要求にも対応できるよう設定することができます。 GT20/24 システムには下記のような特徴があります:
  • 現在の構成や将来的な追加にぴったりフィットする、標準サイズの幅と高さ
    • Transport GT20:  幅 17.2"、高さ 1.72"、奥行き 22.4"
    • Transport GT24:  幅 17.2"、高さ 1.72"、奥行き 25.4"
  • スリム CD-ROM ドライブ、FD ドライブサポート(オプションで DVD-ROM ドライブ)
  • シングルプロセッサ用 350W 電源、もしくはデュアルプロセッサ用 500W 電源
  • 道具もネジも必要のないケース、主構成デザイン
  • メンテナンスの容易な集約されたモジュラー バックプレーン/ストレージ デザイン
  • カスタマイズ可能なベゼルと LCD モジュール
  • さらにその他多数の機能


システムレベルの特徴としても、 PC3200/2700/2100 ECC 付き Registered メモリのサポート (Opteron プロセッサと一部のメモリの構成では ChipKill にも対応)、ファンや VRM などのコンポーネントのハードウェアモニタリングとコントロールなど、 非常に優れたサーバー用機能を多数搭載しています。 またこれらすべてが TYAN によるすべてのパーツ供給、サービス、サポートポリシーによって支援されています。

これら二つの新しいモデルに含まれる製品は以下の4種です:

  • Transport GT20 (B5151):  一般サービス用、シングル P4 ショートサイズサーバー
  • Transport GT20 (B5350):  設置場所の限られたハイエンド用、デュアル Xeon ショートサイズサーバー
  • Transport GT24 (B5363):  ハイエンド用、デュアル Xeon フルサイズサーバー
  • Transport GT24 (B2891):  ハイエンド用、デュアル Opteron フルサイズサーバー

"1U という限られた環境でありながら現在のシステムの構築は、 将来的な必要性へのスケーラビリティも考慮しつつ、 機能的でまた効率的でなければなりません。 TYAN の提供する多才で長期に渡りご使用いただけるベアボーンサーバーソリューション、 Transport GT20/GT24 は、お客様の現在そして将来のアプリケーションの必要条件を満たせる優れた機能性をお届けします。 Allen Liu, Tyan's Director of System Development Division

Transport GT20 と GT24 は2005年前半にサンプリングを完了し、 第3四半期に量産に移行する予定です。

Go To Top