Newsroom > > ラックマウントサーバーの構築が容易になりました:TYAN® がシングル/マルチプロセッサの最新 TRANSPORT ベアボーンソリューションをリリース

TYAN Press Release

ラックマウントサーバーの構築が容易になりました:TYAN® がシングル/マルチプロセッサの最新 TRANSPORT ベアボーンソリューションをリリース

次世代のサーバー構築に機能性と利便性をもたらす
Transport GT20/GT24 のシステムデザイン


台湾、台北、2005年3月10日 - 多くの場合、失敗が許されないほど重要度が高く時間に敏感なプロジェクトなどには、 最小限の手間で構築できて24時間7日間常に稼動しつづけ、 たとえ障害が起きても瞬時に修復が可能なソリューションが必要とされます。 TYAN はこの圧迫された状況に注目し、 サーバーベアボーンシリーズにこの厳しい要求にも対応できる最新の2つのモデルを追加しました: Transport GT20 と GT24 は幅広いアプリケーションを取り扱う次世代サーバープロジェクトに、 非常に多才な機能と新しいレベルの利便性を提供します。

Intel® Xeon™ や Pentium® 4、AMD Opteron™ プロセッサのテクノロジアーキテクチャのパワーを使用し、Transport GT20 と GT24 はあらゆる場面で要求される過酷な条件にも容易に対応できるよう設定することができます。 GT20 と GT24 には下記のような特徴があります。
  • 現在の構成や将来的な追加にぴったりフィットする、標準サイズの幅と高さ
    • Transport GT20: 幅 17.2"、高さ 1.72"、奥行き 22.4"
    • Transport GT24: 幅 17.2"、高さ 1.72"、奥行き 25.4"
  • スリム CD-ROM ドライブ、FD ドライブサポート(オプションで DVD-ROM ドライブ)
  • シングルプロセッサ用 350W 電源、もしくはデュアルプロセッサ用 500W 電源
  • 道具もネジも必要のないケース、主構成デザイン
  • メンテナンスの容易な集約されたモジュラー バックプレーン/ストレージ デザイン
  • カスタマイズ可能なベゼルと LCD モジュール
  • さらにその他多数の機能


システムレベルの特徴としても、PC3200/2700/2100 ECC 付き Registered メモリのサポート (Opteron プロセッサと一部のメモリの構成では ChipKill にも対応)、ファンや VRM などのコンポーネントのハードウェアモニタリングとコントロールなど、 非常に優れたサーバー用機能を多数搭載しています。 またこれらすべてが TYAN によるすべてのパーツ供給、 サービス、サポートポリシーによって支援されています。

"世代をリードするアプリケーションは常に、1U ラックマウントサーバーに総合的な機能性と利便性を必要としています。 TYAN の Transport GT20/GT24 ベアボーンサーバーソリューションの発表により、 いかなるプロジェクトの要求にも対応できる、 新しいレベルの多彩性と柔軟性をお客様にご覧いただけることでしょう。" (Allen Liu, Tyan's Director of System Development Division)

Transport GT20 と GT24 は2005年前半にサンプリングを完了し、第3四半期に量産に移行する予定です。

Go To Top